発育

発育と発達

姿勢・運動発達の原理

新生児にはお腹の中にいた頃から取っている屈曲姿勢が残っています。この段階の赤ちゃんの動きは無意識的でゆるやかです。動きは全身を使ったものであり、子宮内での動きが続いていると言えるでしょう。頭は左右に動かすことができます。赤ちゃんを寝かせる場所の表面に気を配り、心地良いものにしてあげましょう。この段階の赤ちゃんは一次反応によって反応します。視覚はまだ完全に発達しておらず、はっきりした色のコントラストしか見えません。赤ちゃんの顔から25~30cmのところに顔を近づけ優しく話しかけるか歌うかしてあげてください。赤ちゃんは人の顔を好みます。また、お腹の中にいた頃から聞いていたあなたの声を思い出します。
発育と発達

新生児の反射について

原始反射とは、幼児が特有の刺激に対して示す、中枢神経系によって引き起こされる反射行動のことである。この反射は、子供が成長して大人になり、前頭葉が発達する過程で失われていくものである。脳性麻痺者や健常者は反射を抑えることができるが、特定の条件下(非常に強い驚愕反応の間)では反射が再び現れることがある。
発育と発達

胎児の発育と発達

発育とは体が量的に大きくなる事で,発達とは機能面で進歩する事を意味し ます。乳幼児健診で体重・身長・頭囲を測定し,発達レベルを検査します。そ の時,異常を指摘され「病気とは断定できないが,経過をみる必要がある」と 告げられると親は大変心配します。発育・発達には個人差があり,正常範囲に 大きな幅があるのです。正常・異常の境界域に相当する場合,どちらとも判定 できないので経過観察期間が必要になります。
女性特有の栄養学

運動の発育と発達

子どもの成長という言葉とともによく聞く言葉に、「発達」と「発育」があります。似ていますが、少し意味が違います。「成長」は身長や体重のような体の大きさの伸びを表します。一方「発達」は歩けるようになったり、言葉がしゃべれるようになったり、身体的さらに神経精神的な機能の伸びを表します。「発育」は「成長」と「発達」を合わせて総合的に評価する言葉です。