女性のライフスタイルと健康②

月経周期
思春期は、人間が生殖器以外でも外形的性差が生じ、やがて生殖能力を持つようになり、性的に成熟し、心身ともに子供から大人に変化する時期のこと。
文学的に青春と表現される場合もある。

医学的には「第二次性徴の発現の始まりから成長の終わりまで」と定義されている。英語の「puberty」は、陰部に恥毛が生え始める時期から由来している。
こうした発育の時期は、栄養状態や運動量などからも何歳あたりから何歳あたりまでとは必ずしも一定しない。
個人差にもかなり左右される。
そのため、生涯発達の発達段階とは別項目となっている。

身体面




男性のタナー段階。
思春期前は男性器・陰毛共にI。
男性器がIIになることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が男性器と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。







女性のタナー段階。
思春期前は乳房・陰毛共にI。
乳房がIIになることで思春期に入るが、陰毛がIIになるのはそれより後となり、以降もタナー段階の進み具合が乳房と陰毛で必ずしも同一になるとは限らない。




第二次性徴を反映する。思春期の始まりは男子の場合は男性器のタナー段階でIIに達したとき、女子の場合は乳房の発達が始まった時(乳房のタナー段階でIIの前半→乳頭期)であり、ジュニアブラを着け始めるべき時期でもある。
平均して男子は11歳6ヶ月・女子は9歳9ヶ月に始まり、前後2年程度の個人差がある。思春期が早くなる要因に、肥満児・睡眠不足・ストレス・愛情不足がある。

平均身長で早い・小柄で普通だと、将来的に低身長になりやすい。
大柄だと早いのは当然だが戸惑いやすく、陰毛が早いと恥ずかしくなり陰毛の剃毛を行う人もいる。
第二次性徴は以下の順番で出現するが、陰毛の前に精通する子も多い。
性器以外での外形的性差は女子は思春期開始と同時に乳房の発達が始まることで生ずるが、男子は思春期開始して男性器が一定以上発達するまでは性器以外の外形的性差は生じない。
男女とも染色体異常や性分化疾患、内分泌器系の異常などを持っている人は、出現しない場合がある。



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン